サムネイル

学科・専攻

「好き」が「仕事」になる!

TSM渋谷で目指せる
8つの分野

音楽・エンターテインメント業界には
「夢と「感動」を届ける仕事がたくさんあります。

学科・専攻Q&A

Q.初心者でもOKですか?

A.

大丈夫です。
一人一人の経験とレベルに合わせたカリキュラムを作成しますので 安心して授業を受けていただけます。

Q.進級や卒業のための試験はありますか?

A.

本校では、規定単位に達すれば卒業できるシステムになっており、単位を与えるかどうかを判定するための試験は各科目ごとにあります。

しかし、試験は進級や卒業のための試験というよりも、希望する業界で活躍できるだけの実力が身についているかを確認し、足りないところがあれば補強するためのもの。形式も筆記試験に限らず、レポートや実技などさまざまです。

Q.私は将来コンサートの企画などをしたいと思っているのですが、実際、どういう授業をしているのですか?それとコンサート制作とコンサートスタッフのちがいがあまり詳しくわからないので教えてください。

A.

コンサートスタッフというのはそれが1つの職業の名前ではなくコンサートに関わって働く人のことを呼ぶ呼び方です。

コンサート制作に関わる仕事には、PAエンジニア(音響専門の技術者)、照明マン、舞台制作、ツアーマネージャー、コンサート企画者など様々なものがあり、それぞれのスタッフがそれぞれの分野で活躍し1つのコンサートを完成させていくのです。

PAスタッフがいて、照明スタッフがいて、舞台スタッフがいて…。コンサートに関わって働くすべてのスタッフを「コンサートスタッフ」と呼ぶのです。
体験入学で実際に授業を受けてみることをおすすめします。

コンサート分野についてはこちら

Q.どうしてもPAエンジニアになりたいんです!学校ではやっぱりPAエンジニアになるための授業は充実しているんですか?

A.

本校でPAの勉強をはじめるほとんどの学生が全くの初心者。
そのための、音響機械の構造や操作方法を基礎の基礎からはじめます。でも知識をつめこむだけでは、実際のコンサートの現場ではなかなか通用しないのです。

その点では本校では、学内のイベントの音響はもちろん、プロのミュージシャンのコンサート制作やテレビの音楽番組の制作にも在学中から携われるので安心です!

それに授業で使う機械は当然プロ仕様!学校内のスタジオで本物のプロミュージシャンのレコーディングが行われてます。
だから、卒業後も自信を持ってプロの現場で活躍できます。

PAエンジニア専攻についてはこちら

Q.実技以外の講義はありますか?

A.

あります。
リズムトレーニングや演技理論、ビジネスマナーなど業界で必要とされる基礎分野を中心としたカリキュラムがあります。

Q.どの学科に所属しても他のコースの授業も受けられますか?

A.

受けられます。
本校には、ダブルメジャーシステムが用意されていますので、入学したコースだけに縛られず、気になるコースのカリキュラムも受けていただけます。

Wメジャーカリキュラムについてはこちら

Q.どんな先生が教えているんですか?

A.

あなたの中に眠っている才能を見つけ出し、磨き育てるため、本校の先生方は、国内外に関わらずエンターテイメント業界の第一線で活躍されているプロの方々です。

国際的なセンスが身につきます。また、海外における本校の姉妹校や提携校も国際的にも認知されている実績ある学校ばかりですので、そうした提携校の講師の授業も、もちろん用意されています。

国際的に通用するように基礎から本格的な技術まで充実した授業をお一人お一人に合わせて行なっています。

講師紹介についてはこちら