TSM渋谷ブログ

【在校生インタビューVol.4】歌もダンスも頑張りたい!

皆さんこんにちは入学事務局です

今日はヴォーカル&ダンスコースの青山さんにインタビューを行いました!

大学を卒業してから改めてエンターテイメントの道を志し、学んでいるとっても熱心な学生さんです

ーエンターテイメントの道に進もうと思ったきっかけを教えてください。
「元々歌とダンスが好きで高校の時からミュージカルをやっていたんです。」「大学に入ってからは軽音サークルに入っていたのでダンスからは少し遠のいていたんですが、卒業して心機一転、改めて歌とダンスの道に進もうと思い、入学しました!」

ー世の中には多くのエンタメの学校があると思いますが、数ある中でDA TOKYOに決めた理由は何ですか?
「ヴォーカル&ダンスというくくりでのコースがあまり選択肢になく、いくつか学校を見て回ったのですが講師の質やホームページの情報量も多く、一番しっかりしていたので決めました!」「あとは場所が渋谷なのでチャンスが多いと思い決めました!」

ー入学前に不安などはありましたか?
「周りのみんなと年齢が違うところが不安でした。でも入学してみたらみんな年齢とか一切気にしないで接してくれたので気にならなくなりました!」「今では逆に自分でジェネレーションギャップをネタにしたりしてます♪」

ー入学してからは印象に残っていること、嬉しかったこと、楽しかったことを教えてください。
「今年の学園祭でフロアリーダーをやったのですが、情報共有の難しさや重要さ、動き出しの時期の見極め方など、運営面での学びがとっても多かったです。」「あとは私が大変だった時に周りの友達がみんな協力してくれたのでそれが非常に嬉しかったです!」

ー今一番力を入れていることは何ですか?
「卒業に向けてオーディションを受けているのと、今年で卒業なのでスキルの向上、あとはミュージカル『明日への扉』で劇中に出演するバンドに選ばれたのでその練習です!」「練習ではステージングや曲のグルーヴをしっかり意識して練習しています。」

ー今年の目標を教えてください。
「卒業まで悔いなく頑張りきること、事務所に所属をきちんと決めることです。」

ー最後に将来の夢を教えてください。
「自分で枠を決めず、バンドでもダンスでもミュージカルでもお芝居でも、いろんなことに挑戦してマルチに活躍したいです!」

常にストイックに、かつ冷静に努力をする姿が印象的な青山さん!普段は知的でクールな印象ですが、ステージではとっても熱く、格好良いステージングを決める、そんなギャップも素敵です!

「明日への扉」の劇中バンドがとっても楽しみですね

夢に向かって大きく羽ばたいてください!

カテゴリ  ★今日のSHIBUYA★

あわせて読まれている記事

ブログTOPへ