楽曲制作プロジェクトMUSIC PRODUCTION PROJECT

キッザニアミュージックビデオ楽曲制作プロジェクト

協力会社- KCJ GROUP 株式会社 ‐

キッザニアミュージックビデオ楽曲制作プロジェクト


ミュージックビデオの楽曲と ダンス振り付け、映像の制作を在校生が担当

KCJGROUP株式会社が運営する、楽しみながら社会のしくみが学べるこどもが主役の街「キッザニア」より、ミュージックビデオの制作依頼をいただきました。クライアントによる審査、Webでの一般投票などを経て、見事、本校の楽曲が採用されました。さらに、ビデオ作品に登場するキャストのダンス振り付けや映像制作も在校生にご依頼いただきました。


音楽プロデューサーコース パク・ジュンス VOICE

音楽プロデューサーコース
パク・ジュンスさん

全員1年生のチームで、私自身も初のプロデューサー業だったので、企業様からの要求に応えていけるか不安はありました。子供だけではなく、若い人も、お父さんもお母さんもワクワクドキドキできるような楽曲を作りたいと思い頑張りました。私の楽曲を聞いてキッザニアに行きたくなる人がいれば嬉しいです。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プレミアリーグ

協力会社- 公益財団法人 日本サッカー協会 ‐

高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プレミアリーグ
楽曲制作プロジェクト


高円宮杯U-18のダイジェスト映像に在校生が楽曲を制作。

高校年代最高峰リーグ『高円宮杯U-18サッカーリーグ2015 プレミアリーグ』ダイジェスト映像への楽曲制作プロジェクト。高校生サッカー選手たちの躍動感のイメージを楽曲に変え、本校在校生の楽曲が採用されました。


作曲&アレンジャーデビューコース 伊藤京汰さん VOICE

作曲&アレンジャーデビューコース
伊藤京汰さん

映像を映えさせるために、ただのBGMではなく、一曲のインスト楽曲として制作しました。サッカーをしている風景が浮かぶ事はもちろん、カッコいいギターソロで情熱と躍動感を表現しました。自分の得意分野でもあるインストの発注をいただけて本当に嬉しかったです。

印税生活への扉

協力会社- 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント - / - ユニバーサルミュージック合同会社 ‐ ほか

印税生活への扉


アーティストやCMなどへ楽曲を提供し、 在校中から作曲家デビュー!

作詞、作曲、アレンジャーなど、サウンドクリエーターを目指す学生が、実際にプロのアーティストへの楽曲などを提供するプロジェクト。オリジナルの楽曲を企業の方にプレゼンテーションし、直接指導してもらえるという、本校独自のオーディションも毎年開催しています。

プロデューサーズプロジェクト

協力会社- 株式会社ハーフトーンミュージック ‐ / ‐ 株式会社プラチナムガレージ ‐

プロデューサーズプロジェクト


音楽アグリゲーター「viBirth」への配信デビューをし、セルフプロデュースを学ぶ

作曲家やヴォーカリストを目指す在校生を対象に、現在活躍するプロデューサーによるアドバイスを得ながら音楽制作を行なうプロジェクト。卒業後も音楽活動を継続していくことを視野に入れ、その上で必要となるセルフプロデュース力の向上を目標に、音楽アグリゲーター「viBirth」への配信デビューを通して、よりプロフェッショナルに近い状況での音楽制作を実践的に行ないます。

tearbridgeプロジェクト

協力会社- tearbridge production ‐

tearbridgeプロジェクト


作詞家・作曲家・アーティスト発掘オーディションを随時開催!プロバックダンサーからの直接ダンスレッスン!

作詞家・作曲家・アーティストの発掘オーディションを随時開催しています。 またアーティストの振付師・バックダンサーなど第一線で活躍しているプロダンサーが直接指導! 毎週異なったダンサーが担当するので、様々なジャンルのレッスンを受けることができます。

「ウォータープロジェクトソング」楽曲制作

協力会社- 環境省 ‐

「ウォータープロジェクトソング」楽曲制作


環境省では、私たちの「水」を未来に向けて守り、持続可能な水循環の実現を官民連携で取り組む「ウォータープロジェクト」を推進されています。

環境省のご担当者様に直接お越しいただいてのオリエンテーションからスタート。チーム編成をしてプロジェクトに当たる為、水のイメージがよりよく伝わる楽曲をプロデューサー役の学生を筆頭に制作をしました。最終の楽曲プレゼンテーションにおいては、水の大切さを伝える為に自分達が何をイメージし、聞いた方へどんな感情になっていただけるかなど、細かくプレゼンテーション。その結果、見事在校生の楽曲が環境省「ウォータープロジェクトソング」として採用されました。

「ウォータープロジェクトソング」楽曲制作