TSM渋谷ブログ

音テク海外研修~その2~

毎度
第二ブログ隊長のっす

とうとう12月になりました
一気に寒くなりましたねー
流石にダウンを引っ張り出しました。
12月初日から生憎のお天気ですが
クリスマスに、冬休み、お正月
これから、楽しみなことがいっぱい待ってますね

でわでわ海外研修のことを毎日更新してきております
いやぁ、アメリカってデカイですねー
なんか、なにもかも、なんでもかんでも←ぇ

そんな、小言は置いておいて

本日は、シトラスカレッジでの
写真を皆様にお届けしたいと思います

先ずは、音楽雑誌チーム

Img_0133_3

シトラスカレッジが、大学なので
ホワイトボードと机と、日本と同じような教室で授業になります
ちなみに、すべて先生方は英語で話されますが
ご安心をちゃんと通訳さんがいますので
英語しゃべれなくても大丈夫
ちなみに、コチラのセンターの方は、マイケルジャクソンの
バックバンドのドラムの方だそうです

Img_0103
TSM渋谷チーム
一生懸命講義を受けております

Img_0180
これは、別バージョン
余裕のピース

Img_0190
シトラスカレッジの学校の看板?の前で
音雑チームは座学中心で授業が行われました

続きましてはレコーディングエンジニアコース

Img_0094
実際のレコーディングスタジオで実習です

Img_0148
先生が、ブース内にいるアーティストに
声を掛けています

待っている皆は、こんな感じ↓↓

Img_0137
真剣です

レコーディングエンジニアチームは
実際に、オペレートしてみて
それに対して、先生からのアドバイスを頂くと言う
実技形式の授業が行われました

ねくすと
作詞の授業ですが、作曲のコースの子と合同で
レッスンとなっております
お互い、なくてはならない存在なので

Img_0114
このように、最近は
ほとんど、PC上で曲を作っていくので
実際にPCを使用して、レッスンを行いました

Img_0182
先生へ質問なども
積極的にしていて、いい研修になったのではないでしょうか

そして、最後に
アーティストマネージャーコース

Img_0128
基本的には、座学ですが
今回は、KISSやTOTOなどのマネージメント事務所の方と
ジョージ・マイケルやマッチボックスなどのマネージメント事務所の方
2名に講義をしていただきました
真剣ですよー

その後は、ランチタイムということで
この、ON・OFFのしっかりした感じをご覧ください

Img_0154
ピザピザ

Img_0155
結構1ピースが大きいので
2枚ぐらい食べたら、お腹いっぱいになっちゃいます

こんな感じで、アメリカでのエンターテイメント業界の
のうはうを肌で感じ取っていい勉強になったと思います
学生達も満足げで、見ているこちらも
うれしくなる、そんな充実した研修になったと思います

明日は、音楽テクノロジー科の皆様を
ピックアップしたいと思います

それでわ、また明日
隊長でしたー

カテゴリ  ★今日のSHIBUYA★

ブログTOPへ